FC2ブログ

視点を変えること

たとえば、のお話ですが、

何かの趣味で競技をするとか、試験や、仕事など、

勝つこと。成功すること。

を目標としたとき。
とても野心を持つことと同時に、持てば持つほど緊張が高まってしまいます。

本番ではリラックスするどころか、さらに緊張していい結果を残せず、
とても落胆すると同時に、次の機会にはますます緊張して臨むことになります。

まるで、勝利することや、成功することを自分に許さないかのようなパターンではないかと
疑ってみたとき。

そこに、「勝利(成功)」への恐れはないだろうか

というひとつの仮説が浮かんだのです。

それは逆に、すんなりと勝利(成功)したらどうだろう、という仮定を想像することで
容易に証明できました。

あんなに欲しかった勝利(成功)のはずなのに、実は自分にそれを許していないことが
わかったのです。

その理由、その背景はいろいろと思い当たることがあるのですが、
問題は、さあ、その自分のパターンをどう打ち破るか。です。

一緒にワークしてくれるNLPトレーナーでありライフコーチのオルウィンの力を借りることにしました。

どうしても、このブロック(壁)にぶち当たる。という私に

彼女は、

「その壁はどんな壁?」

「厚い鉄板みたいなのかしら」

「それはどこにある?」

「頭の斜め上くらいに。そこにどうにも超えられない壁があって上にいけないように感じる。
どうやったらこれを打ち破れる?」

少々の衝撃にはびくともしないその壁を感じながら
さあ、どうやってこれを壊してくれるのかしら。

と、胸いっぱい期待しながら次の言葉を待っていました。

そうしたら、彼女はこういったのです。


「その壁、下に下げれる?」

意外すぎて、思わず

「さ、下げれる・・・・」

と言うと同時に、その壁を下げ始めていました。

「そう、首くらいから、胸の下とかまで」

オルウィンの言葉に沿って、下がった壁はとうとう別に超えなくてもいい、
どうでもいいものになっていました。


目からうろこ、というのでしょうか。
超えられない、壊せない、ともがき苦しんでいた、と思い込んでいたものは、
実は簡単な方法で、動かせるものだったのです。
思い込みを変えるだけで。


そしてこれは、イメージの中だけでなく、現実でもよくあるお話なんです。


                                   hana1.jpg



よろしければ、こちらもどうぞ

rwicyf7teAv0QZZ1373144869_1373145018.jpg



にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。