FC2ブログ

問題解決のためなら何でもする・・?

デンの愛犬 ジャズは大きな立派なジャーマンシェパードです。
決して若いとはいえない、痩せ型の女性のデンと並ぶと、もっと大きく見えるし、
両手でジャズのリードを持つ彼女はとてもか弱く見えてしまいます。

そのジャズについて、彼女には
ジャズがとてもわがままなので、
自宅と自宅の庭以外では、決してリードをはずせない。
という大きな悩みがあります。

こちらイギリスではリードをはずしてフリーで駆け回らせることができる場所がたくさんありますし、
ほとんどの犬がルールを守りつつも、自由な散歩を楽しんでいます。

5歳になるジャーマンシェパードが、一度も自由に野原を駆け回っていない、というのは
かなり珍しいケースにはいると思います。

デンはそんなジャズのために毎日かなり長いお散歩をしているのですが、
最近、お庭でジャズに引っ張られて転倒し手首を骨折した際には
5週間の間、ジャズにはそのお散歩さえもなくなってしまったのです。

ジャズにとっては、一度も自由に駆け回ったことがない、と言うのはストレスだろうし、
そのために、もっとわがままになって、と悪循環です。



犬のしつけ教室に通い、また、服従訓練が趣味のデンですので、犬に詳しい知り合いが多く、
数年前からいろいろな人がアドバイスをしているようです。

こんな方法がいい、とか、あのトレーナーさんがいい。とか。

ただ、とても不思議なことに、デンはそのアドバイスをほとんど実行していないんです。

たとえば、「周りを囲まれた場所でまず走らせて、ジャズの欲求不満を少し解消させたら」
と数年前アドバイスした人も、「そんな場所を知らないから・・」とか
いろいろな言い訳をして結局やってない。とちょっと憤慨していたり。

でも、それでも相変わらずその悩みをいろいろな人に相談し続けてます。
時には「とてもよさそうなトレーナーを紹介してもらった」と言うのですが、
そこに行ったという報告を聞いたことがありません。

ともかく、相談している場合ではなく、「今」この瞬間にでもどうにかしないと
事態は改善しないのでは、と少しつっこむと、
一瞬にして顔色が変わり「私だって努力しているから!」と
ちょっと怒ってしまいます。





とても不思議なんです。

彼女はとてもジャズを愛しているし、どうにかしたいと言う気持ちは本当なのだと思います。

でも、なぜかこの数年間、人に相談はしても、自分で何かを変えようとしている気配がないのです。

そうやって時が過ぎて事態はますます悪くなり、とうとう骨折までしてしまったというのに。です。




その彼女の行動の背景がなんなのか、は、私には到底わからないことだと思います。
そして、きっと彼女も知らないのでしょう。
そしてその背景がある以上、このパターンが続くだろうし、
もちろん、基本的に他人が彼女を変えることなど到底できません。

私にできることといったら、彼女自身がどこかでそれをふっきって「よし!」って決意して、
いつかジャズが野原を駆け回れる日が来ることを、密かに祈ることしかないのです。





時々、「こうなりたいな」と思っているのにぜんぜんなれなくて自分を責めている、その瞬間。
「私は本当に、そのための行動をとっていただろうか。実際いろいろな言い訳をつけて、
さぼったり、やらなかったりしてなかったかしら。それはどうしてかな。」

なんて自分に問いかけるときに、ふと、デンのことが頭に浮かんだりするんです。

           





          NANOHANA (320x240)



よろしければ、こちらもどうぞ

rwicyf7teAv0QZZ1373144869_1373145018.jpg



にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。