FC2ブログ

「なんで」って言う時


「なんで(Why)」っていう時は、答えが出ないってわかって言ってるのよねえ。


って友人でNLPトレーナーのオルウィンがつぶやいた言葉がきっかけでした。

よくありますよね。

「なんでこんなことに」
「なんでこんなことしちゃったんだろう」
「なんであんなこと言うんだろう」
「あ~あ、なんでできないんだろう」


確かに気がつくと、ひどい時には1日に何度も「なんで」が無意識に
頭に浮かんでますけど、別に答えを求めてるわけではなくて
ただ、愚痴っているだけみたいな
ときがほとんどだなあって。


じゃ、「なんで」(笑)いつも思うんだろうか。

一つ一つ考えて気がついたんですけど、
こういう時ってどれにも
自分は何もしていないのに、って付けれそうって
そう思いません?

これって、責任の所在を他に移しちゃってるってことでしょうか。

確かにこういう風に言ってまるで他所から災難が降ってきて
自分はいわば被害者だと嘆くことで、気持ちが少し楽になるような気がします。


ただ、結果的に役に立つかというと、そう・・・ではないように思います。

外側や、他者に責任を預けて自分は何もコントロールができない、っていう
状況を作ってしまえば、一時的には楽かもしれません。が、
そうやって自分の責任を放棄して生きていくことをいつまで続けたい?
って私自身に聞いてみると


「それはすごく疲れるし、もうやだな」


って答えが出てきました。



なので、これからココロの中に「なんで」と出たことに気がついたら
そこで責任をぐっ!と自分の中に戻し気合を入れて

さあ、この状況で(を受け入れた上で)はどうしようか

って考えようかと思います。

ま、ちょっと「なんで」は癖になっているというか無意識に出てくることが多いので、
一度には無理かもしれませんが、気づくたびに一個一個ワークしていくしかないですね。

それでも、気づく前よりも
きちんと自分を生きることが出来ているようで
こちらのやり方のほうがずっと気持ちがいいです。











よろしけばこちらもどうぞ

rwicyf7teAv0QZZ1373144869_1373145018.jpg


                      










スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。